赤髪の白雪姫

  • On Air

公式ツイッター

  • Facebook

  • Facebook

ページのトップへ

Story

Introduction 林檎のような赤髪の娘、白雪。その珍しさを気に入ったラジ王子の愛妾にされかかり、生まれ育った国を出ることに。隣国の森に辿り着き、そこで出会い、力を貸してくれたのはクラリネス王国の第二王子・ゼン。これは出会った二人が互いの手をとり、様々な人との出会いの中で足音を重ね、道を行く物語―。

第1話 出会い…色づく運命

タンバルン王国のラジ王子に愛妾にされそうになった白雪は、生まれ育った国を出ることに。
隣国の森で出会ったのは、ゼンと名乗る少年。薬剤師の白雪は彼の捻挫の手当てを申し出るも信用されず、自らの腕を打ち、できた傷に薬を塗ってみせる。 彼女の思いがけない真摯な行為に心を許すゼン。事情を聞いた彼は、災厄の原因となった白雪の赤髪を運命の色だと言う。そんなふたりの元に林檎が届けられた。贈り主は、ラジ王子であった。

Staff

脚本:赤尾 でこ
絵コンテ:安藤 真裕
演出:安斎 剛文
作画監督:松柏 操子
総作画監督:高橋 久美子

第2話 辿るは胸の鳴るほうへ

クラリネス王国での暮らしはじめた白雪。薬剤師の仕事を求めて入った薬局で、彼女は薬草をチェックする子どもに出会う。彼が宮廷薬剤師と知って驚く白雪に、店主は「クラリネスは優秀であれば、どんな人材でも支援する国だ」と宮廷薬剤師の募集要項をくれた。薬草を勉強するため、ゼンに見送られてコトの山に来た白雪。だが、見知らぬ男に襲われる。彼は稀な赤髪を持つ彼女を金持ちに献上し、褒美を得ようとしていた。

Staff

脚本:赤尾 でこ
絵コンテ:安藤 真裕
演出:向井 雅浩
作画監督:小森 高博

第3話 約束、輝くその時に

宮廷薬剤師を目指して試験勉強に励む白雪。王宮に呼ばれた彼女は、不眠不休で執務に励むゼンを目にする。お忍び外出をとがめられたゼンは、反省を態度で示すと執務室にこもり続けていたのだ。自分の国を知りたい、そのためにゼンは闘っている。ゼンの姿に白雪は宮廷薬剤師となる決意を強くする。そんな白雪をゼンに取り入る厄介者と思うハルカ侯は、彼女を遠ざけようと画策する。

Staff

脚本:和場 明子
絵コンテ:三條 なみみ
演出:塚田 卓郎
作画監督:佐々木 美和
総作画監督:高橋 久美子

第4話 芽吹きの協奏曲響く、小さな手

いよいよ宮廷薬剤師見習いの採用試験が始まった。白雪は薬事棟の花壇で、薬屋で見かけた宮廷薬剤師のリュウに出会う。 彼に採取する時間で薬草の効能が変わることを教えられた白雪は、ここでなら生きた薬学が学べると試験への意気込みを新たにする。 試験内容は薬草園の管理。夜、薬草園の灯りが気になったゼンが訪れると、白雪がひとりで作業していた。 そこに何者かが現われ、白雪とゼンは薬草園に閉じ込められる。試験の行方は……。

Staff

脚本:赤尾 でこ
絵コンテ:篠原 俊哉
演出:太田 知章
作画監督:杉本 幸子
総作画監督:藤田 しげる

第5話 この道は予感の結晶

宮廷薬剤師見習いとしての仕事で白雪はゼンたちとラクスドの町に到着した。 白雪と別れてラクスド砦に視察に訪れたゼンとミツヒデ、木々は、倒れて苦しむ兵士たちに驚く。 原因がわからず、魔物の仕業だと言う兵士やオビの制止を振り切って砦内を調査するゼンは、空になった武器庫を見て盗賊を疑う。 木々の提案で兵士たちの治療を白雪に頼むことにしたゼン。騒ぎのなか、オビは危険に飛び込むゼンを止めないミツヒデを不思議に思う。

Staff

脚本:清水 恵
絵コンテ:安藤 真裕
演出:佐藤 育郎
作画監督:玉置 敬子
総作画監督:斎藤 恒徳

第6話 意味の背中

クラリネス王国の第一王子、イザナが帰還し、王宮の空気が一変した。 ゼンの兄との思いがけない対面にとまどう白雪。 ゼンと白雪の関係を快く思わないイザナは、かつて彼女を愛妾にしようとしたタンバルン王国のラジ王子を城に招待するが…。

Staff

脚本:和場 明子
絵コンテ:安斎 剛文
演出:安斎 剛文
作画監督:杉泊 朋子、杉薗 朗子
総作画監督:藤田 しげる

第7話 聞かせて、笑顔の旋律

イザナの帰還によりクラリネス王国にいる意味を見失いかけた白雪だったが、ゼンの言葉を思い出し、どうありたいのか自分の中の答えを再確認する。 手をとりあい心を通い合わせる白雪とゼン。 ゼンは白雪に、一国の王となる自覚をもって道を進む兄・イザナとの思い出を語り始める。

Staff

脚本:和場 明子
絵コンテ:三條 なみみ
演出:村上 勉
作画監督:吉田 巧介
総作画監督:斎藤 恒徳

第8話 記憶は過去のらせんを描いて…

ラジ王子の発言で注目の的となってしまった白雪。そんな白雪を心配するゼンはオビを彼女の護衛につける。そんな中、オビは、ゼンが”王子”じゃなければ良かったのではないかと白雪に問う。それを偶然聞いてしまったゼンは、アトリという少年との過去に思いを馳せるのであった。

Staff

脚本:赤尾 でこ
絵コンテ:安藤 真裕
演出:山岸 大悟、森川 さやか
作画監督:小森 高博、佐々木 美和
総作画監督:小森高博、高橋久美子

第9話 繋がり届く想い

ロカの実のお酒を飲んで酔ってしまった白雪は、ラクスドに行こうとする。砦での事件以来、ゼンのために何か出来ないかと考えていたのだ。護衛をまかせていたオビから知らせを受け、二人の元へ向かうゼン。その姿を見たミツヒデは、ゼンを守ると誓った日のことを思い出す。

Staff

脚本:赤尾 でこ
絵コンテ:篠原 俊哉
演出:吉田 隆彦
作画監督:Shin Hyung Woo、Lee Eun Young
総作画監督:藤田 しげる

第10話 心蒼く、もっと深く

白雪が出会ったのは笛で鳥を操る少女、キハル。彼女は鳥たちと共に暮らす一族のひとりで、むやみに鳥を狩る領主を止めるようゼンに頼みにきたと言う。王子のゼンに相手にされないだろうと諦めつつ、それでも後には引けないキハル。彼女と鳥の絆を見た白雪はゼンにある提案をする。

Staff

脚本:清水 恵
絵コンテ:安斎 剛文
演出:安斎 剛文
作画監督:菅野 宏紀
総作画監督:斎藤 剛文

第11話 出会う…初めての色

白雪負傷の知らせに馬を走らせたゼンは、彼女の笑顔を見て思わずキスをする。それから三日経っても落ち着かず、ゼンを意識してしまう白雪。 一方、キハルの住む島に交渉に出かけたゼンは、白雪への想いを彼女に告げようと決意していた。

Staff

脚本:赤尾 でこ
絵コンテ:安藤 真裕
演出:佐藤 育郎
作画監督:玉置 敬子、杉薗 朗子
総作画監督:藤田 しげる

第12話 始まりのさようなら

ゼンの告白を受け、自分の想いを返した白雪。
別れ際、いつもと変わらず「またな」と言うゼンを白雪は心強く感じる。
王城開放日、市井の人々であふれ、お祭りのような城内。
ケガをした女優の治療に呼ばれた白雪は、座長の頼みで代役を務めることに。
目立つ赤髪を隠して舞台に立つ白雪だったが……。

Staff

脚本:和場 明子
絵コンテ:篠原 俊哉
演出:太田 知章
作画監督:高橋 久美子、小森 高博、斎藤 恒徳、佐々木 美和

第13話 運命を紡ぐ赤

互いの想いを受け入れたゼンと白雪は、これからの事に思いを巡らせながら、第二王子として、宮殿薬剤師見習いとして成長していた。日常を取り戻し、穏やかな時間が流れるクラリネス王国ウィスタル城だったが、白雪とゼンに突然の来訪者が現れる。それは、以前白雪をさらって牢に入っていたはずの巳早だった。さらに、イザナの元にタンバルン王国からの便りが届き、白雪のこれからに変化の予兆が現れる。

Staff

脚本:赤尾 でこ
絵コンテ:安斎 剛文、安藤真裕
演出:安斎 剛文
総作画監督:斎藤 恒徳
作画監督:霜山 朋久

第14話 守る瞳、進む瞳

イザナから7日間のタンバルン王国行きを命じられた白雪は、立ち振る舞いの稽古に追われていた。タンバルン行きを翌日に控え、白雪を追う謎の少年鹿月の手掛かりを得られず不安を募らせるゼンに、オビは白雪の付き人を自分にしてほしいと勝負を挑む。その勝負の行方とは―――。そして、決意を胸に白雪は付き人とともにタンバルン王国へと出発する。

Staff

脚本:和場 明子
絵コンテ:古川 順康
演出:江副 仁美
総作画監督:小森 高博
作画監督:Shin Hyung Woo、Lee Eun Young、田中 亜優、森 幸子、﨑本さゆり

第15話 迷うは戸惑いの中

ラジ王子に招待され、オビとともにタンバルン王国へやってきた白雪。ラジ王子は、二人と親睦を深めるため、シェナザード城の案内を自ら買って出るが、道に迷ってしまう。道に迷う白雪たちの後ろには、後をつける二人組の姿が。一方クラリネス王国では、巳早と鹿月を巡って新たな動きの兆しが見え始めた。

Staff

脚本:清水 恵
絵コンテ:三條 なみみ
演出:塚田 拓郎
総作画監督:藤田 しげる
作画監督:鎌田 晋平

第16話 その一歩の名は、変化

タンバルン王国で白雪と過ごす時間の中で、少しずつ王子としての自覚が芽生え始めた様子のラジ王子。
そんなラジ王子の変化を目の当たりにしたロナは、
ユジナを巻き込んで白雪をタンバルン王国へ留まらせようと、画策し始める。
一方、クラリネス王国で白雪を追う鹿月の動きを察知したゼンは、
白雪の身に危険が迫っていると気付き、行動を起こす

Staff

脚本:和場 明子
絵コンテ:三條 なみみ
演出:塚田 拓郎
総作画監督:小森 高博、斎藤 恒徳
作画監督:大高 雄太、鈴木 彩子、生田目 康裕、﨑本 さゆり、笠野 充志

第17話 静かに絡まる夜の序章

ついに白雪とオビの目の前に現れた鹿月とイトヤ。
彼らによって白雪はさらわれてしまう。
タンバルン王国への道中を急ぐゼン、ミツヒデ、木々だが、到着したのはすでに白雪がさらわれた後。
ゼンたちは、白雪の救出に力を尽くしたいと申し出たラジと共に、タンバルン国王の許しを得て、異国の地で白雪の捜索に乗り出す。
その頃、ゼンたちの動きを待たずして鹿月たちを追ったオビは、森に潜む彼らを発見する。しかし、そこに白雪の姿はなかった…

Staff

脚本:清水 恵
絵コンテ:山本 秀世
演出:山岸 大悟
作画監督:玉置 敬子、杉薗 朗子

第18話 いくつもの決意

鹿月とイトヤにさらわれたはずの白雪。
しかし今度は、鹿月と共に海の鉤爪にさらわれていた。白雪を探すゼンたちとラジ一行は、白雪をさらったと思われる海の鉤爪の情報を持つという山の獅子を訪れることに。
その道中、すでに山の獅子の大将武風と行動を共にしていたオビとイトヤと合流する。そこで、ゼンは白雪がさらわれた経緯と目的を知らされ、イトヤに敵意を露わにする。しかし、ゼンとラジは白雪、武風とイトヤは鹿月を救出するという共通の目的の元、手を組むこととなる。

Staff

脚本:赤尾 でこ
絵コンテ:安斎 剛文
演出:安斎 剛文
総作画監督:高橋 久美子
作画監督:佐々木 美和、中島 渚

第19話 覚悟の波

白雪と鹿月を乗せた船に潜り込むことに成功した木々。彼女が持ってきた胡桃石のおかげで、白雪と鹿月が乗せられた船を特定したゼンたちとラジ一行は、白雪救出に向けて大きく動き出す。ラジは自ら民衆に呼び掛け、白雪と鹿月を乗せた船を囲い込むが、海を知り尽くした海の鉤爪に翻弄され、根城へと逃げ込まれてしまう。しかし、逃げ込んだ根城にはゼンたちが待ち構えていた。ラジの手によって退路を塞がれた海の鉤爪と、ゼンたちの総力戦がついに始まる——。

Staff

脚本:赤尾 でこ
絵コンテ:山本 秀世
演出:太田 知章
総作画監督:斎藤 恒徳
作画監督:霜山 朋久、鎌田 晋平

第20話 微笑みの温度、大切な場所

武風の提案で、山の獅子の村で休むことになった白雪、ゼン、ミツヒデ、木々、オビ。
白雪に自分が父親だと気付かれた武風は、久しぶりの再会に緊張しながら、
白雪やゼンと言葉を交わす。そして、白雪の父親としてゼンと二人きりで話すことに。
その頃、山の獅子の面々と宴会を行うミツヒデと木々だが、
その輪にオビの姿はなかった。護衛役にも関わらず白雪を守れなかったことを気に病むオビに、白雪はある言葉をかける。

Staff

脚本:和場 明子
絵コンテ:三條 なみみ
演出:森川 さやか
総作画監督:藤田 しげる
作画監督:藤田 しげる、服部 益実、大塚 渓花、Lee Juoung Kyoung、Kim Yoon Joung、Shin Hyung Woo

第21話 貴方といれば……

タンバルン王国での一件を終えたゼンたちと白雪は、クラリネス王国へ戻る道中、宿で一泊することに。久しぶりの心休まる時間に、白雪は思わず笑みがこぼれる。ゼンたちと白雪が居酒屋で夕食を食べていると、宿屋ですれ違った若い娘トロウに軽い調子で声を掛けられる。何気なくトロウと言葉を交わしたオビだったが、トロウとは面識があったらしい。そんなトロウに仕事を手伝ってほしいと頼まれたオビは、夜のうちだけいう条件付きで、トロウと行動を共にすることになった。

Staff

脚本:清水 恵
絵コンテ:篠原 俊哉
演出:安斎 剛文、森川 さやか
作画監督:鎌田 晋平、玉置 敬子、大高 雄太

第22話 君を潤わせるのは意志の泉

クラリネス王国ウィスタル城に帰城したゼンたちと白雪。早速、薬室の業務に戻る白雪だが、ゼンはそうもいかない様子。ゼン宛てに届いた見合いの催促状が山ほど溜まっていた。妃探しの夜会を開かない代わりに、目録に名のある者の中から必ず誰か一人と見合いをするよう、ハルカ侯爵に強く言われてしまう。目録の中に木々の名前を見つけたゼンは、木々と見合いをすることに。見慣れない木々のドレス姿を見たゼンは、ミツヒデと木々が初めて会った時のことを思い出す———

Staff

脚本:和場 明子
絵コンテ:出合 小都美
演出:塚田 拓郎
作画監督:杉薗 朗子

第23話 あるがゆえの先

薬室を訪れたミツヒデは、ちょっとした不注意で催眠作用を持つヨイカガリの薬瓶を割ってしまう。
普段深く持っている一面が助長されるというヨイカガリの影響で、
ゼンへの忠誠心が強く引き出されたミツヒデは、四六時中ゼンに付いて回り、
ついにはゼンにうんざりされてしまう。
治療薬を作ることになった白雪は、無事にミツヒデをもとに戻すことができるのか…?

Staff

脚本:清水 恵
絵コンテ:安斎 剛文
演出:安斎 剛文
総作画監督:高橋 久美子、斎藤 恒徳
作画監督:霜山 朋久、佐々木 美和

第24話 そして物語、私の道

晴れて、正式な宮廷薬剤師になった白雪。
そこへ、タンバルン王国から巳早とサカキが使者としてやってきた。
白雪に渡したいものがある、と言ってサカキが白雪に渡したのは、『王家の友人』の勲章。
それは、白雪がいつでもタンバルン王国を訪れることができるようにというラジなりの心遣いだった。
『王家の友人』の称号を与えられた白雪に向けたイザナの一言が心に留まり、
白雪は、自分が立ちたいと思う場所に気付く。そして、ゼンにその想いを告げようと白雪は決意する。

Staff

脚本:赤尾 でこ
絵コンテ:安藤 真裕
演出:山岸 大悟、森川 さやか、安藤 真裕
総作画監督:藤田 しげる、小森 高博
作画監督:杉薗 朗子、玉置 敬子、斎藤 恒徳

Archives

  • イントロダクション
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 第10話
  • 第11話
  • 第12話
  • 第13話
  • 第14話
  • 第15話
  • 第16話
  • 第17話
  • 第18話
  • 第19話
  • 第20話
  • 第21話
  • 第22話
  • 第23話
  • 第24話